close
LINE UP
Qyoto
dps

砂糖ココアとHinawa銃
magenta blue

INFORMATION
開催日時
2018年9月17日(月・祝)
OPEN:16:30
START:17:30
会場
堂島リバーフォーラム
料金
無料
注意事項
※開場・開演時間は変更になる場合がございます。
※会場の混雑により入場規制を行う場合がございます。
※未就学児童入場不可。
※大阪府青少年健全育成条例により、16際未満の方は19時以降は保護者の同伴が必要となります。
ACCESS
JR東西線「新福島」、阪神本線「福島」、京阪中之島線「中之島」 各駅から徒歩 約5分
JR大阪環状線「福島」、市営地下鉄 四つ橋線「肥後橋」各駅から徒歩 約8分
JR各線「大阪駅」から徒歩 約15分
※駐車場はございません。
HISTORY
2018.6.17(SUN) 「DFT presents 関西ネオロック 〜お好み音楽焼き大演会〜」

大阪から新世代ロックの熱波襲来!
「関西ネオロック~お好み音楽焼き大演会~」ライブレポート

2018年6月17日、大阪・堂島リバーフォーラムにてライブイベント「DFT presents 関西ネオロック~お好み音楽焼き大演会~」が開催された。DFT(= Dojima Forum Team)とは、多目的ホール「堂島リバーフォーラム」を拠点に、ここから新しい関西の音楽ムーブメントを立ち上げようとするチームの総称である。登場したのは、Qyoto(キョウト)、砂糖ココアとHinawa銃(サトウココアトヒナワジュウ)、dps(ディーピーエス)、CROSS LORD(クロスロード)の4組のロックバンド。いずれも20代前半のメンバーを中心とした新進気鋭のバンド達。知名度こそまだまだだが、その実力を知らしめようと、この無料ライブに挑戦した。
開演前からキャパシティー1,000名を越す堂島リバーフォーラムに相当のオーディエンスが集まっていた。スクリーンには白色のDFTのロゴ・マーク。四つ打ちのSEに乗って登場したのはMC担当、車谷啓介(from Sensation/彼はサポート・ドラマーとしてCROSS LORDと砂糖ココアとHinawa銃に参加)音楽愛に溢れたMCで今回のイベントの主旨を紹介。関西の新しいロック・イベントの始まりを宣言した。
トップバッターは、平均年齢20歳の次世代ロックバンドCROSS LORD。『Walk across』に乗せてゆっくりと登場したかと思いきや『Talking Pain』のイントロリフから極上のスピードで畳みかけるようにオーディエンスを煽っていく。幅広いジャンルを吸収したサウンドとグッドメロディーに次世代に刺さる詞世界、そしてギターボーカル Motokiの声を武器に今後のミュージックシーンに宣戦布告する様は今後の活躍が非常に楽しみになるバンドだ。
続いての登場は、70年代ロックの流れを感じさせる4人組、dps(ディーピーエス)。いきなりハードに攻める『暇つぶしみたいな人生』、派手なギターカッティングから繰り出すイキのいいナンバー『いっそ全部ぶっ壊して、真っ逆さまに落ちていって』、さらにリズム隊が暴れまくる『世界を斜めから見て』。1st EPからの代表曲『一発逆転』。続くスピーディーな『ホワイトアウト』の破壊力、そしてラストはローリング・ストーンズばりのギターリフが印象的な『オレンジみたいな昼下がり』。まさに70年代ハードロックの王道を貫いている本物のバンドサウンドを聞かせてくれた。
サンタナ『Black Magic Woman』のイントロで登場したのは、砂糖ココアとHinawa銃。80年代ガールズロックバンドの再来を彷彿させる哀愁のメロディー、そしてその甘い名前とは裏腹な砂糖ココアの力強い歌声が魅力のロックバンド。バンド名の由来は彼女の出身地、種子島が鉄砲由来の地であることから“Hinawa銃”と命名したのだそう。「浮気撲滅」と書かれたフラッグを颯爽と振り回し、「浮気をした彼氏が浮気相手とペアウォッチをしていたのでそれをぶっ壊す曲」として「今日あなたが大事にしてる腕時計壊しました ざまあみろ」という過激フレーズを繰り返す『あなたの腕時計』。さらに『オンナの世界』ではドロドロした情念を予測不能なメロディーのボーカルで聞かせた。ポップだがツンデレな楽曲群が孤高の存在を際立たせている。そのビター&スウィートな世界観は、クセになりそうな新しいガールズロックの地平を切り開いていた。
ラストに登場したのは京都出身の現役大学生が中心となって結成されたQyoto(キョウト)。シャープなブリティッシュトラッドのスーツをまとって登場した6人の姿がまぶしい。
HIROKIのバイオリンから始まったオープニングはデビュー曲『太陽もひとりぼっち』。爽やかかつメロディアスかつドラマティックと三拍子揃ったキャッチーなナンバー。続く『君と僕とアクロス・ザ・ユニバース』もつい口ずさみたくなる美メロ満載、これぞJ-POPバンドの花形。『My Diamond』は胸が熱くなるバラード。アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の オープニング・テーマ曲は、7/11リリースの2nd シングル『It’s all in the game』。90年代ミリオン時代の匂いを感じさせるカッコいいフレーズ満載の未発表曲「君とEight days a week」。彼らはJ-POPかくあるべきを王道でいく新世代のメジャーバンドとしてその評価を高めていくだろう。
全ライブが終了し、再びMC車谷が登場、締めくくりにさらに次なる一手を公開。
なんと、9/17(月祝)敬老の日、堂島リバーフォーラムにて再びこの無料ライブイベントが行われるそうだ。
タイトルは、DFT presents 音都 ON TO ~NEO ROCK from KANSAI~。
まだまだ、ここから新しい何かが始まる、そんな予感を感じさせたライブだった。